FC2ブログ

アレクサンドリアの大灯台

紀元前280頃、エジプトの貿易都市アレクサンドリア沖のファロス島に建設されたという大灯台。

アレクサンダー大王によるエジプト征服後、エジプト国王プトレマイオス2世によって建てられたとされている。

この灯台は大理石で作られており、3階建てで全体の高さは120m~140mまであったと伝えられているのだ。

他にもコーン型の屋根があり、ポセイドンの青銅像が据え付けられていたという。

この灯台のすごい所は、油を燃やしてその明りを青銅製の反射鏡で海上を照らしたということである。

当時、アレクサンドリアは貿易が栄えており、この大灯台の光は50km以上も先の船からでも確認できたというので、寄港する貿易船にとって分かりやすい標識となったそうだ。

また逆に、灯台からも50km先を確認できたため、火桶と反射鏡の光で敵の船を焼くことが出来たなどの伝説も残っているのである。

この灯台は14世紀(西暦796年)に起きた大地震により倒壊してしまい、現在ではその土台が残っているだけだが、近年、地中海海底から灯台の痕跡とみられる遺物が発見された。

しかし残念ながら、船を攻撃できたかどうかまではわかっていないという。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム