FC2ブログ

キャン○ィ・キャンディ

この有名作品、現在では放送禁止である。

90年代の中ごろに『原作・マンガ双方の許可なく商品を作っていけない』という取り決めがされた。

マンガを担当していたいがら○ゆみこが原作者の水○杏子の許可を得ずにキャン○ィ・キャンディのグッズ等の販売を行っていたことがわかり、水○がいがら○を訴えたのである。

裁判は最高裁までいき、『原作についての権利は水○が持っており、マンガなどはその二次生産物である』という判決が下され、水○側の勝訴となった。

この判決の後、水○の意向で単行本は絶版となってしまった。

そして双方の了解が取れないためにアニメの再放送、DVD化されないのだというのだ。

ただし、小説版に限っては原作者である水○に権利があるため復刊をしたようである。

原作者とマンガ家の複雑な関係を浮き彫りにした事例だと言えるだろう。

このまま両者が和解しない限り、キャン○ィ・キャンディのアニメを見ることが出来るのは著作権の切れる2049年になると言われている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム