FC2ブログ

ムー大陸

今から約1万2000年前、太平洋の中心に存在し、一夜にして沈んだとされる、幻のムー大陸。

大きさは東西8000km南北5000kmにも及んだと考えられており、現在のハワイ諸島やマリアナ諸島イースター島など太平洋の島々はムー大陸の一部で、元は陸続きになっていたのではないかとされている。

その証拠としては、太平洋の島々には巨大な石を使った遺跡や石像などの文化的共通点があることや、これらの島々に大洪水の伝説が残ってることなどからわかるのである。

ムー大陸の存在が唱えられ始めたのは、1868年にイギリスのジェームス・チャーチワードという軍人がインドを訪れたときに、ヒンドゥー教の僧侶に寺院の地下にあった「ナーカル碑文」という粘土板の古文書の解読を依頼され、その解読の結果ムー大陸について書かれていることがわかり、それを1931年に彼が「失われたムー大陸」という著書で発表したのが始まりだと言われている。

ムー大陸についてチャーチワードの研究で人口は約6400万人、七つの大都市があり、石畳の通路、宮殿、神殿などの大石造建築物が多く、高度な文明をもっていて世界中の国と貿易をしていたことが解っている。
また、帝王ラ・ムーという人物がムー大陸を治めていたそうだ。

ムー大陸についてさまざまな疑問がある中で、最大の謎は一夜にして沈んだとされている点である。

これについては色々な説があるのだが、一番有力と考えられているのがガスチェンバー現象というもので、ムー大陸の火山が噴火しその時地下に充満していた火山ガスに引火して爆発し、元々ガスがあった空洞が崩れてムー大陸は一夜にして滅びてしまったとされている。

しかし一方では、太平洋の島々は文化において共通点はあったが、ムー大陸は初めからなかったのではないかという説もあった。

これについて少し前までは、昔の技術で太平洋を横断することはできないとされていたが、実験によってカヌーやいかだでの遠洋航海に成功していることから、太平洋の島々をカヌーなどで行き来し、ムーの文化を築いていったという事も考えられているのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム