FC2ブログ

伊○十三の謎の死

1997年12月20日、伊○十三が写真週刊誌により不倫疑惑が取り沙汰されたことに対して、「死をもって潔白を証明する」とワープロ打ちの遺書を残し、伊○プロダクションのある東京麻布のマンションから投身自殺を遂げたとされる事件があった。

この事件に関して、極めて不自然な部分が多い落下死にも関わらず、警視庁の発表が「投身自殺」だったということから、伊○十三は触れてはいけないタブーに触れ、暗殺されたという噂があるのだ。

伊○十三が殺されたのは100%間違いないという意見も多いその根拠として、ある二つの理由がある。

その理由の一つは、伊○は死の直前、しつこい位に医療廃棄物について追いかけていたということ。

当時、医療廃棄物の不法投棄問題が魑魅魍魎のごとく末広がりを見せており、伊○がその核心部分に近づいていた矢先の事件だったのだという。

つまり伊○はその医療廃棄物取材の過程で何らかの絶対的な『アンタッチャブル』に触れてしまい、時の政府に暗殺されたという説である。

もう一つは、前述とは別の映画製作に向けてある宗教団体を取り扱う予定があり、その宗教団体から殺された、または自殺を強要されたという説。

外国人記者が取材したという人物によると、○○組配下の5人が伊○の身体を掴んで銃を突きつけ、屋上から飛び降りさせたのだという。

伊○は死の直前、写真週刊誌の記者から不倫疑惑について問われた際に、笑いながら「妻に聞いてみればいいよ」「(不倫疑惑は)いつものことだから」と軽く答えていたらしい。

その直後にビルから飛び降りたというのだから、不倫疑惑で自殺というのはどこか不自然ではないだろうか。


このことから、不倫疑惑が理由とされる「自殺」に強い疑惑が持たれ続けているのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム