FC2ブログ

ノアの箱船

ノアの箱舟とは、旧約聖書の「創世記」に書かれてある物語に登場する船の事である。

その物語とは、今から4500年ほど前に人類の始まりであるアダムから10代目の子孫に、ノアという義にかなった人がいたそうだ。
(聖書での「義にかなった人」とは神に信仰を寄せ、神に従う人の事)

しかし、ノア以外の地上の人々は堕落し、神を信じず好き放題していたという。

それを見かねた神は大洪水を起こし、この地を一掃しようと考えた。

だが、ノアとその家族だけは、堕落しきった地で神に信仰を寄せていたため、助けることにしたのである。

そこで、神はノアとその家族に

「すべての肉なるものの終わりがわたしの前に到来した。・・わたしは彼らを地と共に滅びに至らせる。あなた自身のために、やに質の木の材で箱船を造りなさい。その箱船の中には仕切り室を造る。それを内側も外側もタールで覆わねばならない。そして、あなたはそれをこのように造る。すなわち、箱船の長さは三百キュビト、その幅は五十キュビト、その高さは三十キュビト。あなたはその箱船のためにツォハル(屋根、もしくは窓)を造り、それを上方、一キュビトに仕上げ、また箱船の入口をその側面に付ける。あなたはそれに下の階と二階と三階を造る。」

「あなたは箱船に入らねばならない。あなたも、またあなたの息子たち、妻、息子たちの妻もあなたと共に。そして、あらゆる肉なる生き物のうち、それぞれ雄と雌を二匹ずつを箱船の中へ携え入る。」

と命令し、箱船を製作させた。
そして、ノアは約100年かけて神の言われた通りの箱船を製作し、その中にあらゆる生き物をそれぞれ2匹ずつつ入れたのである。

そして、ノアとその家族も箱船の中に入り、それから7日後に大洪水が起きた。

この洪水は40日40夜続き、全ての山が水に覆われ、水は山の上15キュビトまで達し、その水は150日間、地にみなぎっていたという。

これによって箱船に乗っていない地上に住む生物は全て息絶えた。

その後、徐々に水が引いていき、箱船は「アララト山」の上に止まった。

それから日が経つにつれて、山々の頂が現れはじめ、その40日後にノアは、地から水が引いたか確かめるために箱船の窓から一羽のハトを放った。

しかし、ハトはどこにもとまる所が無かったので箱船に戻ってきたという。

それから7日後に、ノアはもう一度ハトを放った。

すると夕方頃にオリーブの葉をくわえて戻ってきたため、これによってノアは地から水が引いた事を知ったという。

そしてノアは後7日待ってからハトを放したが、ハトはもう戻ってこなかったという。

これによって完全に水が引いた事を知り、ノアとその家族と動物たちは箱船の外に出た。

そしてノアは祭壇を造り、いけにえの為に用意していた動物を神にささげたのだ。

それによって神は、二度と洪水によって生き物を滅ぼすことはないと約束し、その印として空に虹を与えたという。

…といったような内容の物語なのだが、実はこれはただの物語ではなく、実際に起きた事実なのではないかと考えられている。

その理由として、箱船が漂着したとされるアララト山で箱船の一部と思われる木片が何度か発見されているのである。

また、洪水前までの世界はぶ厚い雲に覆われており、地域での温度差などはあまりなく、どこも温暖な気候だったと考えられている。

しかし、この洪水が起きた事によって、そのぶ厚い雲がなくなり、地域による環境差が出てきたと言われているのだ。

なので、南極の氷などが全て溶けると世界が沈むと言われているのは、南極などの氷は雲がなくなった事で起きた環境差によって、この洪水の水が凍ったものであるという説があるからなのだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム