FC2ブログ

都内の地下鉄が延ばせないわけ

都内の地下を通る地下鉄「丸の内」は、皇居を囲んで円形に延びている。

丸の内線の終点は「荻窪」。
そして大江戸線の終点は「光が丘」だ。

つまり、なぜそれ以上の西側(吉祥寺や三鷹など)に地下鉄が延ばせないのか?

それにはある秘密が隠されているという。

その秘密とは環状8号線より西側には今でも数多くの不発弾が埋まっているからだと言われているのである。

ちょっと掘ったら不発弾がゴロゴロ出てくる状況なのだ。

吉祥寺の上に柳沢という地区があるが、ここはかつて日本陸軍の飛行場があり、第2次世界大戦中に、執ような空爆を受けた場所。

さらに、その上には日本の軍事基地があり、同じように執ような空爆を受けた場所だ。

そこに今、何があるかと言うと「○○団地」なのである。しかも、この巨大団地は市の境界線が斜めに分かれている。

普通の市の管轄は道路等で分かれているのが普通なのだが、なぜこの巨大団地だけが、団地内に境界線があるのだろうか?

これは不発弾をめぐって、2つの市が押し合いをした結果と言われている。

この団地で暮らしている人たちは未だに地下に不発弾が眠っていることを知らない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム