FC2ブログ

東京で渋滞が起こるのは徳川家康のせい

東京で渋滞が起こるのは、徳川家康のせいである。

当時、江戸に江戸城を構えた徳川家康は、直線の道路をことのほか嫌った。

その理由は「直線道路が多いと、敵に攻め込まれたとき、鉄砲の餌食になりやすいから」。

このため、江戸城を中心にうずまき状の道路をつくり、十字路よりも三叉路やT字路を好んだ。

結果、東京は環状線や大きく弧を描く道路が多いのである。

その為、今だに十字路、T字路が多いのだとか。

こうして東京は、自動車の台数や人口が増えたことだけでなく、地理的な問題においても渋滞しやすい土地になってしまったのだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム