FC2ブログ

バッ○マンの呪い

ヒー○・レジャーの遺作となった映画『ダー○ナイト』には、“バッ○マンの呪い”がかかっているという噂がある。

映画の完成後、間もなくヒー○がオーバードーズ(薬物過剰摂取)で急死して話題になっていたが、

検死審問で、撮影中に特撮スタッフが事故死していたことが新たに判明したからである。

亡くなったのは、映画『バッ○マン ビギンズ』、『00○/カジノ・○ワイヤル』などの大作でスタント・シーンに携わってきた経験豊かなスタントマン。

バッ○モービルが爆発するシーンのテスト走行中、並走する車の後部座席の窓から身を乗り出してカメラ撮影をしていたところ、運転していた別のスタントマンが車を90度ターンさせるところを曲がり切れず、木に激突してしまったのだという。

この映画では、ヨーロッパ・プレミアの直前に主演クリスチャ○・ベイルが母親と姉に暴力を振るったとして暴行疑惑で逮捕されたり、夏にはモーガ○・フリーマンが交通事故で重傷を負っている。

更にはヒロインのマギー・○レンホールは顔が崩れかかっているなど、出演者にも不幸が続いているのだ。

このことから、特撮スタッフの死は、“バッ○マンの呪い”の始まりと囁かれているらしい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム