FC2ブログ

綺麗な桜の下には死体が埋まっている

桜の名所では「綺麗な桜の下には死体が埋まっている」という都市伝説がある。

しかし、なぜ桜の木なのだろうか?

そこには掘られたくない理由があるからだ。だからこそ、わざと人が楽しめる木を植えたのである。

最近、お花見で有名な某公園が改修されるということで、桜の木の移植が行われたらしいのだが、その時は厳重な警備体制のなか、黒いスーツを着た人たちの姿があったと言われている。

また、気になる木と言えば東京競馬場の大ケヤキ。TV中継でも第三カーブにある木が必ず邪魔になるのだが、なぜ伐らないのだろうか?

実は、その下にもやはり死体が埋まっているという都市伝説がある。

しかも、以前、その木を伐ろうと計画した人達が次々と謎の死を遂げたらしい。

実は、この大ケヤキの下には井田摂津守是政とその一族のお墓があり、競馬場の近くに残る「是政」の地名の由来にもなっている。この付近の木を伐った人夫が、その後急死したことから、お墓の祟りと考えられているようだ。

また、第三カーブあたりでの落馬事故が多く、第三カーブは「魔のカーブ」と呼ばれた時期もあると言う。

これは、お墓の祟りなのだろうか?

それとも誰かの手によって殺されてしまったのだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム