FC2ブログ

六本木ヒ○ズは4つの寺の呪いを受ける

今や東京の新名所とも言われる「六本木ヒ○ズ」。

この巨大なビルを建てるために、4つの寺がつぶされた。六本木ヒ○ズはこの4つの寺の呪いを受けるのだという。

呪いが原因といわれている事件は2006年の7月までに3つ。
・ヒ○ズ回転ドア死亡事件
・ラ○ブドア事件
・村○ファンド事件

そして最後の寺の呪いが近日中に起こるといわれている。それは果たしてどんな事件になるのだろうか…。

また、ヒ○ズが建っている六本木6丁目界隈は、江戸時代、長門(ながと)の国(今の山口県のあたり)毛利家の江戸屋敷があったそうだ。

毛利の江戸屋敷といえば、有名な切腹があった場所。

「忠臣蔵」のモデルともなった、赤穂浪士による吉良邸討ち入り事件後、仇討ちを果たした浪士たちは4人の大名の江戸屋敷に預けられるのだが、そのうち10人が毛利家に預けられ、その全員がここで切腹した。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム