FC2ブログ

あるアメリカの富豪の話

あるアメリカの富豪の話だ。

長い一本道の道路を愛車のロールス○イスで目的地まで走っていた。

しかし、ロールス○イスの調子が悪く、とうとう壊れてしまったそうだ。

困った富豪はロールス○イスに電話をして助けを求めた。

すると、すぐにヘリコプターに新しいロールス○イスをくくり付けたロールス○イス社の人間がやってきたのである。

彼らはすぐに富豪の車を新しいものへと交換してヘリコプターで去っていった。

富豪はそのサービスのよさに感激し、目的地にも無事着くことができたのだ。

しかし、そのときの車の代金について何も請求が来ないのがおかしいと思い、ロールス○イス社に電話をかけることにした。

「○○の道で故障してしまい、代わりの車を用意してもらったのだが、あのときの修理代はいくらかね。すばらしいサービスで感激してしまったよ。」

そう伝えると、電話先の社員は
「お客さま、ロールス○イスは故障いたしません。」
こう答えたそうだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム