FC2ブログ

バミューダトライアングル

バミューダトライアングルというのは、 バミューダ諸島、プエルトリコ、フロリダを結ぶ三角形の海域のこと。

この海域では船や飛行機が何の痕跡も残さず、消失してしまうことで世界的にも有名。

1872年
海域近くでメアリーセレスト号が異常な走り方をしているのが発見される。
船内には誰もおらず、船内にあったテーブルには温かさが残る飲みかけのコーヒーやパンが並べられていた。

1881年
エレン・オースティン号が遺棄船スクーナーを発見。
エレン・オースティン号の乗組員の数人がスクーナーに乗り、エレン・オースティン号と共にニューファウンドランドへ向かうことにした。
途中霧が濃くなり、スコールに見舞われ、二隻の船はお互いを見失ってしまう。
再びエレン・オースティン号がスクーナーを発見した時、スクーナーはまたも無人になっていた。

1945年
空のメアリー・セレスト号事件
フロリダのフォート・ローダーデール空軍基地を飛び立った第19飛行編隊五機のアベンジャー雷撃機は、フロリダ半島の東の海上へパトロール飛行に向かった。
出発から約1時間30分後の午後3時45分、編隊は不可解な通信を送ってきた。
「我々はコースをはずれたらしい。陸が見えない・・・繰り返す・・・陸が見えない」
「どっちが西がわからないんだ。 何もかもおかしい・・・変だ・・・方向が、さっぱり掴めない。 海さえいつものようじゃない!」
「われわれのいる場所はどうやら・・・」

「白い水に突入」という謎めいたメッセージを残し、第19飛行編隊からの連絡は完全に途絶えてしまった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム