FC2ブログ

本州から3本も橋が架けられている四国

四国には人口の割りに本州から3本も(瀬戸大橋、神戸淡路鳴門自動車道、しまなみ海道)の巨大な橋が架けられているが、それはこれらの橋が計画された東西冷戦時代。

当時西側諸国であった日本の大都市にソビエト連邦が攻撃を行った際、四国には真っ先に標的となりうるアメリカ軍基地が全く無いため安全とされ、そこに大都市からの被災者、あるいは事前避難者を円滑に移動させるために必要以上に多くの橋を架けた。

そしてその事実を秘匿するため、沿岸各県の架橋に関わる我田引水を起こした、というもの。

なお実際にも、沿岸各県がそれぞれ利害を主張した結果、3本もの橋が架けられている。

主にこれらの橋が架けられている瀬戸内海沿岸の地域で語られる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

文章がおかしい
カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム