FC2ブログ

あぶ○い刑事

ある病気や障害について、放送当時にはそれほど問題されなかったエピソードも、のちにそれがデマや偏見であることが判明し、再放送などが行われないことがある。

今ではレッドリボンやエイズ週間といった活動によって正しい知識が浸透してきたエイズだが、80年代にはまだまだ偏見が存在した。

それがテレビドラマのワンシーンに使用されたケースが「あぶ○い刑事」だ。

「あぶ○い刑事」といえば、はみだし刑事であるタカとユージが、犯人逮捕に活躍する人気刑事ドラマだ。

コミカルなエッセンスも取り入れたしゃれたドラマになっており、続編が作られるなどの人気作品となった。

そのなかで、エイズに対する不適切な表現があるとされ、再放送が見送られることもあるエピソードが、あぶ○い刑事第33話の「生還」である。

エイズになったと疑惑の残る鷹山を周りの人間が避けるというシーンが問題と思われる。

なお、地上波での再放送ではカットされることが多いが、DVDでは当該エピソードも収録されている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム