FC2ブログ

スーパーマ○オ

日本で650万本以上、海外では3000万本以上を売り上げ、超ヒット商品となったスーパーマ○オブラザーズ。

日本のみならず海外でも高い評価を受け、現在新シリーズが登場する度、どれだけ早くクリアできるかのタイムアタックに挑戦する人もいる。

しかし、この作品にはある悲しい設定が存在する。

それは、マリオという実在する人物の妄想を元に作られたというのだ。

マリオさんは大変なキノコ中毒で、多量のドラッグキノコを食べてラリってしまい、さらに花(女性や大麻をさす)を取ると火を吐く(トリップなどをさす)など、面白おかしく中毒状態で口走っていた。

そんな設定を書き留めてスーパーマ○オブラザーズというストーリーが出来上がったのだ。

現在ではモデルとなったマリオさんは亡くなってしまった。

世界的大ヒットの当作品の裏にはこんな切ない話があるのを忘れてはならない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム