FC2ブログ

謎のビニール紐

現在も関西を中心に人気を誇るバラエティー番組「探偵!ナ○トスクープ」。

「マネキンと結婚したい」「母乳でケーキを作りたい」といった一見無謀な視聴者からの依頼に対し、お笑い芸人扮する探偵が出向いて依頼を解決するというスタイルを20年近く続けている長寿番組である。

そんな長寿番組に寄せられた大量の依頼の中でただ一つだけ「捜査打ち切り」になったものがある。

それは1992年2月~3月頃に起こった。
大阪の鴻池新田界隈のガードレールや電柱に、梱包用の硬いビニールひもが何本もくくりつけてあるという。

一体誰が何の意味でやってるのか全く不明。この不思議な事件の依頼を受け、「探偵ナ○トスクープ」が動いた。

この事件の探偵はト○ーズ雅で、彼は早速現地に飛んだ。

現地では確かにビニールひもがさまざまな場所にくくられており、かなり張り込んで朝まで調査したものの、ひもは増え続けたという。

ものの10分前に通った時には何もなかったところに急にひもが現れたりするなど、普段の依頼と違う不気味さにスタジオの空気も変わってきたそうだ。

しまいには、とあるガソリンスタンドの裏に数百本という数のひもがくくられているのが見つかり、スタジオは悲鳴・・・。

結局、番組史上唯一の「捜査打ち切り」になってしまい、「以後本件に関する情報は一切受け付けません」というテロップまで出たという。

放送当時は、「立て看板をしばるためのひもではないか」という意見が多かったそうだが、この近所の人が言うには、
「うちの前の電信柱にも硬質のひもがくくられてたが、今まで一度もこの電信柱には立て看板がかかったことはない。」
とのことなのだ。

放送後、役所の人が現場にあった何百本ものひもを全て回収。結局、誰が何の為にやったのかは未だ不明のままだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム