FC2ブログ

千と千尋の○隠し

2001年に公開され、大ヒットとなったジブリ映画「千と千尋の○隠し」。
実際にご覧になった方も多いだろう。

しかし、この作品の舞台が実は「ソープランド」であることを知る者は少ない。

主人公の「千尋」は豚になった両親を助けるため、油屋で「湯女(ゆな)」として働くことになるのだが、この「湯女」とは江戸時代、都市部の銭湯において男性客に垢すりや髪すきをはじめ、性的なサービスを提供する「遊女」であったのだ。

それは、現代でいう「ソープ嬢」そのもので、当時の江戸でも社会問題となり、幕府からしばしば禁止令が出されるほどであったという。

実際に、「油屋」にやって来る客の全てが男神である。

また、「千尋」が働き始める際に「千」という名前をつけられるのだが、これは江戸時代の遊郭において、遊女が仕事上の名前として別の名前を名乗る習慣からきているのだ。

「千と千尋の○隠し」は少女が娼婦に身を落とし、自分の親の罪を贖うという物語なのである。

ジブリ作品には、その奥深い内容ゆえに様々な「都市伝説」が存在するが、今回のものは特に信憑性が高いといえるだろう。

ある雑誌の「千と千尋の神隠し」誕生秘話のインタビューにおいて、宮○駿監督は、「今の世界として描くには何がいちばんふさわしいかと言えば、それは風俗産業だと思うんですよ。

日本はすべて風俗産業みたいな社会になってるじゃないですか」とコメントし、現代の少女をとりまく現実をアニメで象徴させようとしたため、性風俗産業の話になったと主張している。

そもそも、今回の「千と千尋の神隠し」は、「人とちゃんと挨拶ができないような女の子がキャバクラで働くことで、心を開く訓練になることがあるそうですよ」というプロデューサーのひと言がヒントになっており、その話を偶然耳にした宮○駿監督によって生み出されたものなのだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム