FC2ブログ

食べてすぐ寝たら牛になる

「食べてすぐ寝たら牛になるわよ」
母親などからよくこんな言葉を言われたことはなかっただろうか。実はこれ、過去にあった悲惨な事件から生まれた言葉なのだ。

第一次世界大戦中のある村の話。
その村は牛を飼っており、牛を食べてその牛の頭の骨を祠に祭るという風習があった。

戦時中のため次第に食料がなくなり、村人たちは飢えに苦しんだが、牛の肉を食べて何とか飢えに耐えた。しかし、その肉の実態は、なんと牛の皮をかぶせた村の人間たちの肉だったのだ。

村人たちは「これは牛の肉だ」と、疑いもなく食べていた。夜、一番最初に眠りについた人間が犠牲になり、食料にされていたのだという…。

これが元になり、寝たら牛(肉)になるという言葉が生まれた。

ちなみにその村、廃村として今もどこかにひっそりと残っているということだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム