FC2ブログ

ゴキブリを食べると死ぬ

「ゴキブリを食べると死んでしまう。」
こんな噂がある。

汚れたところで生活しているゴキブリは病原菌の塊りであり、過酷な環境でも生き抜いてきたゴキブリは、生命力が強く、人の胃酸では消化できないらしいのだ。

また、メスのゴキブリであれば、卵を持っている可能性がある。

もし誤って食べてしまおうものなら、この卵が孵化し、おなかの中で繁殖し、体内を食い荒らされてしまうのだ。

昔、とあるテレビ番組でゴキブリを食べた学生が、数ヵ月後に死亡した。解剖の結果、体内からゴキブリの幼虫が摘出されたという。

しかし実際は、食べたから死ぬということはない。

人の体の中で生きていけるのは寄生虫くらいで、さすがに生きた化石であるゴキブリであっても、人の体内では生きていけないのだ。

仮に卵を持ったメスであっても、産み付ける前の卵だから孵化するまでには時間がかかる。

よっぽどひどい便秘でもない限り、便と共に排出されてしまうだろう。

それでも、何かしらの病原菌をもっている可能性はある。

それにより発熱や下痢、嘔吐といった症状が現れることもあるが、病院で処置すれば大丈夫だ。

万が一、万が一「ゴキブリを飲んで」しまっても、1日以上たって何も症状が現れなければ、きっと問題はないだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム