FC2ブログ

1年生になったら

童謡「一ねんせいになったら」のこんな噂を聞いたことがあるだろうか。

「一ねんせいに なったら
一ねんせいに なったら
ともだち ひゃくにん
できるかな
ひゃくにんで たべたいな
ふじさんの うえで
おにぎりを
ぱっくん ぱっくん
ぱっくんと」

しかし、楽しげに聞こえるこの歌の詩にはとても悲しい事実が隠されている。

この歌が流行りだしたのは戦時中であり、疎開先で子ども達は食べるものが無く、空腹は限界だった。

その中に1人、足が悪い子どもがいた。
どうせ日本の役にたたないと判断した99人の子ども達は足の悪い子を殺し、その肉を食べ飢えを凌いだという。

子ども達は人肉の味に感動した。

子供たちは美味しいもの=おにぎりとしか知らなかった為、この人肉にもおにぎりと命名した。

人肉の美味しさに感動した子ども達はこの曲を作り後世に残したのだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム