FC2ブログ

グリーンピースで避妊

一般的に、避妊といえばコンドームやピルという固定観念があるだろう。しかし、そんな避妊具たちに顔を並べるハズだった功労者がいるのだ。

その功労者はとある食べ物。その食べ物の名前は…なんとあの『グリンピース』なのだ。

きっかけは、大麦とグリーンピースを主食としているチベット人の人口調査。

チベット人は約200年もの間、人口が増えるわけでもなく減るわけでもなく、ほぼ一定の人口のレベルを保っていたことから、グリーンピースになんらかの人口増加制御効果、つまりは避妊効果があるのではないか?となったわけだ。

研究の結果、グリーンピースに含まれるmキシロヒドロキノンという物質に、たしかに避妊作用があることが判明。

ラットを使った実験でも、エサに30%のグリーンピースを混ぜたら、妊娠しないことが確認された。

また、グリーンピースから抽出されたmキシロヒドロキンを女性に投与したところ、なんと妊娠が50~60%に激減。

男性への投与でも精子が半減するという、実に驚くべき結果が出たのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム