FC2ブログ

リンカーンとケネディの奇妙な関係

100年の周期で奇妙な一致が多いと言われているのが、リンカーン大統領とジョン・F・ケネディ大統領の都市伝説である。

人権問題に深く関わり暗殺された2人の大統領は、まずリンカーンが議員に初当選したのが1846年、副大統領候補になったのが1856年、大統領に就任したのが1861年である。

一方、ケネディは議員に初当選したのが1946年、副大統領候補になったのが1956年、大統領に就任したのが1961年と、ピッタリ100年後であったそうだ。
さらに、リンカーンを殺したブースは1839年生まれ、ケネディを殺したオズワルドは1939年生まれなのである。

2人とも金曜日に妻の前で背後から頭を銃で撃たれて亡くなったが、ブースはリンカーン暗殺時、フォード劇場で殺し、小屋で別の人物に射殺されたそうだ。

ケネディはフォード車の上で暗殺され、オズワルドは小屋から逃げ劇場で別の人物に射殺されたのである。

しかも、2人ともコルト社製の銃で射殺されたと言われているのだ。

さらに、リンカーンにはケネディという名前の、ケネディにはリンカーンという名前の秘書がいたが、暗殺当日はどちらの秘書もその場所へ出かけることに反対していたそうだ。

このような共通点から、ケネディはリンカーンの生まれ変わりではないかと言われ続けているのではないだろうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム