FC2ブログ

発明家トーマス・エジソン

発明家トーマス・エジソンは電話機や蓄音機、白熱電球の発明家として知られている。

しかし、エジソンの発明は、改良発明(他人の発明を改良したもの)も多く、盗作だと誹謗中傷を受けていたのだ。

事実、電話機はグレアム・ベル、白熱電球はJ.W.スワンの発明を改良したものである。

そんなエジソンの有名な言葉が、「天才は1%のひらめきと、99%の汗」である。

これは、当時新聞記者のインタビューに答えたものである。

多くの人がこの言葉を聞くと、「努力をしたものが天才である」と思い、何かで成功するためには努力をすればよい。
才能なんてほとんどなくてもいい。
そんな風に捉えて、頑張るだろう。

しかし、この言葉の真実は、
「1%のひらめきがなければ、99%の汗も無駄になる」
である。

エジソンは後年、「取材した若い記者は私の言葉を聞いて落胆したのか、大衆受けを狙ったのか、努力の美徳を強調するニュアンスに勝手に書き換えて発表してしまった」と語っているのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム