FC2ブログ

服部半蔵

天下を取る人"というのは「世界ではじめて何かを成し遂げた」という、偉業を残している人物である。

戦国武将であり、江戸幕府の初代将軍であった徳川家康は、一体何を成し遂げたのだろうか?

それは「特殊部隊」だったのである。
家康は世界で最初の特殊部隊「忍者の里」を作り上げたのだ。

その長をしていたのが服部半蔵だった。

そして、家康が天下をとった際に褒美として半蔵に与えたのが「半蔵門」という地名だったそうだ。

さらに半蔵は「自らの身を自由にすること」を褒美として家康に求めた。
こうして自由の身になった半蔵は、日本中を旅して回ったという。

そして、この時に半蔵が使った偽名が「松尾芭蕉」だったと言うのである。

あの時代、1日400キロもの距離を移動するのは、忍者でもなければ不可能だったと言われている。

そして、家康から全国の通行手形をもらっていた半蔵だからこそ可能だったのである。

このときの手記が有名な「奥の細道」だが、実はこの旅の目的は俳句を書くことだけではなかった。

実は半蔵は、徳川埋蔵金のありかを示すため「かごめかごめ」の歌を暗号として全国に残していったと言われているのだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム