FC2ブログ

呪われたケネディ一族

ケネディ一族が呪われているという有名な都市伝説がある。

ジョン・F・ケネディの実弟のロバート・ケネディは、大統領候補指名選挙を戦っている最中に暗殺された。

また、ケネディのすぐ下の妹であるローズマリーは、父パトリックによってロボトミー手術を受けさせられて廃人同様になっている。

妹のキャサリンは、飛行機事故で死亡。
ロバートの三男・デビットは麻薬中毒で死亡。
ロバートの四男・マイケルはスキー事故で死亡しているそうだ。

そして、最近ではジョン・F・ケネディの長男であるジョン・F・ケネディJr.は、政治雑誌「GEORGE」の発行人を務めており、将来の大統領候補と呼ばれていたが、1999年に自家用機を操縦して別荘に向かう途中、大西洋上で墜落し不慮の死を遂げている。

しかも、この事故に関してボクシングの元ヘビー級チャンピオンであるマイク・タ○ソンが予言していたという驚くような話がある。

タ○ソンがケネディJr.と出会った時から「お前は絶対に飛行機に乗るなよ」と言い出したそうで、さらに「特に親族が居る時は、乗っちゃいけない」とまで伝えたそうなのだ。

ジョン・F・ケネディJr.の墜落事故を聞いたタ○ソンは「俺は、あいつに言ってやったのに」と言ったそうだ。

また、気になるのは映画俳優にして現カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワ○ツェネッガー。

彼の奥さんマ○ア・シュライヴァーは、ジョン・F・ケネディの姪にあたる人である。

これ以上政治に携わっていると、彼にも悲劇が訪れるかもしれない。

ただし、彼は移民ということもあって大統領になる資格はないのだが、食事に少しずつ毒が盛られているなんていう噂もあるそうだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム