FC2ブログ

心霊スポットとしても有名な常紋トンネル

心霊スポットとしても有名な常紋トンネルは、北海道旅客鉄道石北本線にある、トンネルの一つであり、大正3年に開通した。

この区間は同線の難所の一つであり、標高約300m、全長507mのトンネルを掘るのに3年を要したそうだ。

常紋トンネルは、ほかのトンネルに比べて、工期が長く、そのことでも相当の難工事であったことがうかがえる。
死者もかなり多かったはずだ。

しかし、恐ろしいことにこのトンネルの工事では事故以外にも、けして浮かばれることのない無念の死を遂げた方が沢山いたようなのだ。

実は、このトンネルの工事は、タコ部屋労働で建設されたという。

タコ部屋とは元々囚人などが使われていたのだが、この頃になると斡旋業者の甘い言葉に乗せられてて連れてこ来られた労働者が、過酷な行動を強いられ、半ば監禁状態で働かされていたようなのだ。

過酷な労働に耐えられず倒れてしまった者は、お墓に葬られることもなくトンネル工事現場近くに、そのまま生き埋めにされたと言われている。

1968年に十勝沖地震がトンネルの一部を破壊した際に、崩れた壁から立ったままの人骨が、発見されてる。

また、多くの鉄道関係者が亡霊がトンネルや信号場に出ると噂されているトンネルなのだ。

きっと浮かばれない霊が、トンネル内を、さまよっているのであろう。

あなたは、恐怖の心霊スポット常紋トンネルを見に行くだろうか…?

もし行くのであれば、くれぐれもご注意してほしい。
スポンサーサイト



カテゴリ
PR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
リンク
メールフォーム
検索フォーム